読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフWの毎日徒然

人生半分を過ぎて過去現在の関心、興味の赴くままにコラム、たまに愚痴なども。

キャストのビジュアルは映画への期待大・映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」

 

 

 

 

ご訪問ありがとうございます。

 

 

 

上の娘は春休みに入りました。

保育園もあともう少し。

 

梅の花の蕾が膨らんで来ました。

 桜の開花は例年より更に早いかもしれないですね。

 

さて、去年の秋に映画化が発表されて今夏の公開が

楽しみな作品がこちら、

 

 

  

 

www.youtube.com

 

 

 

 

1シリーズ目をリアルに10代後半で漫画で読んでいましたから

とても不思議な気分です。

私の実家に弟が2人、母の実家には従兄弟もいて主要な少年漫画は

ほとんど目を通していました。

 

 

ジョジョは他の作品と違ってアニメ化するのは難しく、

テレビ化したのはつい最近になってから。

もちろん主題歌もアニメも大ヒットして4シリーズ目に突入しています。

 

それがまさか実写化になるとは思っていませんでした。

 

 

連載開始から30年、特殊効果撮影の技術は日進月歩で発展して

ジョジョの奇妙な世界も現実に可能に。

 

漫画自体は、80年代後半から90年代にかけて

当時週刊ジャンプでは北斗の拳花の慶次、ハイスクール奇面組

幽遊白書スラムダンクシティハンター、魁・男塾など

 

 ヒット作品が目白押しの中、

ジョジョの奇妙な冒険」は、設定や画風など他の漫画とは異彩を放ち

 誰もが好きなマンガというよりは個性が強い、

一旦ハマるとクセになる作品に見えました。

 

 

あの独特な世界を実写化するとどうなるのか、

影技術や演出ももちろん重要ですが、

出演する俳優さん達に全てがかかっています。

 

 

 

主要キャスト方々はこちら。

 

 

warnerbros.co.jp

 

ジョジョの漫画は2シリーズ目くらいで読まなくなってしまったので

こちらの4シリーズ目は予備知識はありません。

あくまでオリジナルの絵を見てですが、

 

コアなファンの方々からは不評のようですね。

まあ、当たり前です。

漫画って実写化を前提にしていない何でもありな世界だから。

 

 

主演の山崎賢人君はキャラクター的にいいとこついてると思いましたよ。

 

演技的には、そうですね〜、ごめんなさい、

アラフィフの私にはよくわからないです苦笑。

 

でも、制作発表の記者会見に登場したニュースを観たときは

恋愛ドラマや映画などに出演していたそれまでのイメージと

雰囲気が変わっていたので、ジョジョの映画で大化けすることを期待してます。

 

神木隆之介君や伊勢谷友介さんはイメージ通りですね。

2人とも映画「るろうに剣心」でハードな剣術のアクションを

披露しているので今回も楽しみです。

 

 

ジョジョの代名詞「スタンド」をどう表現するのか、

擬音は映画では入るのか?

 

私的には擬音は映像内に空間で文字を入れて欲しいです笑。

 

 

 

 是非、映画でも世界を席巻してください。

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。