読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフWの毎日徒然

人生半分を過ぎて過去現在の関心、興味の赴くままにコラム、たまに愚痴なども。

私の「待てない問題」・auでブチ切れた 前編

 

 

ご訪問ありがとうございます。

 

 

本日、スマホから4G携帯のガラホに機種交換しています。

 

スマホに抵抗があるシニア世代向けの商品でもあるようですが、

こちらは50代以降の方にはちょっと操作の一部などが無理なのでは?

と感じています。

 

でも、インターネットサイトは閲覧可能で、youtube

スマホの画面のまま、再生も特に問題なかったので安心しました。

 

レビューは、また後日投稿します。

 

 

さて、本題は今日の機種交換での私の「待てない」出来事。

ほぼ愚痴ですのでご了承ください。

 

 

つい一週間前に店頭でiphoneを下取りにして機種交換の見積もりをして

プランも決めて、携帯も取り置きで

 

 

今日の機種交換も一応事前に予約はしていました。

 

子供がいるので混雑時は気が進まなかったのですが、

プレゼントがあってお得だから是非とお店の人に期間中の来店を勧められました。

 

止めればよかった。

 

 

今日は週末のリニューアルオープンの

キャンペーン中で多分待ち時間は長いだろうと予測。

 

子供を連れて行かなくてはいけなかったので

30分ほどはauのお店の向かいのTUTAYAでCDを借りたりして

時間を潰し、

 

戻ってからは、店内の見本のスマホで子供たちはゲームを始めていました。

下の息子は身長が足りないので私は膝で抱っこをしながらそれでも何とか

順番を待っていました。

 

でも、落ち着きがなく言うことを聞かなくなるのは時間の問題。

 

この時点で既にイライラは100点中70くらい。

 

 

お店のスタッフさんは、おそらく応援の人が半分以上。

 

ようやく順番が回ってきたのはお店に来てから1時間は経過していました。

 

抽選会の景品もプレゼントも特別魅力に感じない、

とにかく機種交換だけ済ませて帰りたい。

 

 

番号を呼ばれていくと、見慣れない若いお兄さん。

 

「もう機種はお決めですか?」から始まったからさあ大変です。

 

 心の中で、(ねえ、もう機種も決めてプランも相談してきてるんだけど!)

 と思いながらとりあえず怒りは抑えながら話をしてみたものの

 

「設定などで30分から40分ほどお時間いただきます。」

 

で、もうダメでした。

完全に「ブチっ」と切れた音がしましたよ。

 

 

「わかりました。ちょっともう時間がないのでまた来ます!」

 

 

応援のスタッフの人が悪いのではないことはわかっていたけれど、

これってどう言うこと?

 

 

 

 

以前はこれくらいなら我慢できたのに涙。

 

 

以下後編に続きます。

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。