読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフWの毎日徒然

人生半分を過ぎて過去現在の関心、興味の赴くままにコラム、たまに愚痴なども。

糖質オフの道 甘いものを食べるなら

 

 

 

 

ご訪問ありがとうございます。

 

 

 

今日は晴れてこの時期の気温とは思えないくらい暖さ。

息子は保育園の散歩で近所の見晴台まで行ったようです。

 

さて、先日投稿した「糖質オフの道」ですが,あれから

細々と実践中です。

 

私の場合は、減量目的ではなく老化の原因である体内の糖化速度を遅くしたいのです。

 

 夕飯のミートソースをパスタの代わりに糸こんにゃくで

代用してみたり、朝ごはんをお豆腐にしてその上に納豆を

かけて食べてみたり。

 

 

そして、一番の問題のお菓子は、

 

もし食べるのなら出来るだけ糖質の少ないものにしたいと。

今回は甘いものを食べたい場合にチェックすべき点をまとめてみました。

 

 

以下は私の個人的な見解ですので参考程度にお願いします。

 

 

出来るだけ食べない方がいいお菓子としては

粉物と砂糖がダブルで入っているメニューです。

 例として、

 

 

マフィン

パンケーキ

パウンドケーキ

ブラウニー

菓子パン

アップルパイ

かりんとう

芋けんぴ

みたらし団子

など

 

 

他にもたくさんありますが、炭水化物と砂糖はものすごい糖質量に

なるので避けます。

 

例えば最近はポテトチップスにチョコなどがコーティングされていたり

しますよね。せんべいやスナック類はそれだけなら糖質自体はそれほどではないのですがしょっぱいものを食べると自然に甘いものに手が伸びる原因になるので要注意です。

 

 

もし食べるならスナックだけ単体でいただきます。

 

逆に甘いものを食べるなら良しとするメニューは

 

ゼリー類

単体のチョコ

スフレ

プリン

杏仁豆腐

など

 

これらも砂糖は使用していますが、粉物は入っていても少量です。

まあよしとする中で他にはシフォンケーキなどもメインが卵なので

OKにします。

 

 

最近時間がある時にスーパーの仕事後に店内を周り、

菓子パンや惣菜コーナーのお弁当の炭水化物量をチェックするのですが、

 

おかずにもたくさんのみりんなどの調味料が使われているらしく

生姜焼きや鳥の唐揚げ弁当などは驚くほどの炭水化物量になっていました。

 

甘辛の後にデザートなんて食べたら本当大変です。

 

食事に使うみりんや砂糖も気持ち少なめにしするといいんですけどね涙。

 

 

 

ただ、週末に子供と一緒に外出したりする時は楽しみたいので

いろいろ食べます。

 

 習慣化できるよう継続していきたいと思います。

 

 関連記事はこちら

 

wamichan.hateblo.jp

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。