読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフWの毎日徒然

人生半分を過ぎて過去現在の関心、興味の赴くままにコラム、たまに愚痴なども。

イクメン父さん うちの場合

 

 

ご訪問ありがとうございます。

 

 

 

娘の小学校が先週末から始まり

夏休みから通常の生活に戻りました。

 

だいぶ涼しくなってきましたが、これから台風が心配な季節になりますね。

天気予報から目が離せません。

 

 

さて、イクメンという言葉を聞いてからもう随分

経ったような気がします。

 

うちのお父さんはよく「いいお父さんね」と言われています。

子供が好きで世話もしてくれるし、自営業なのも手伝ってか

時間を作って学校の行事なども出来るだけ参加しています。

 

すいません、今回は旦那自慢ではありません苦笑。

ほとんど愚痴です笑。

 

ご了承ください。

 

 

主人は性格は穏やか、真面目、融通がかなり効かない

細かいことを気にする。

自営の職種はお堅くないと出来ない仕事なので本人に合っていると思います。

 

アウトドアや人ごみが苦手で少しでも危ないと感じることはやりません。

よって子供ともディズニーランドなどには行かないし、夏は水族館がいいところです。

 

映画鑑賞も私と子供達だけ。

子供が興味があっても行きたくない場所には行こうとしません。

 

お父さんが「子供に興味がなく、休日は仕事で疲れてうちでごろごろしている」

とよく見聞きします。

 

それは、当たり前のようにいい父さんとは言えないかもしれませんが

イクメンにもいろんなタイプがあります。

 

うちのお父さんの場合はイクメンかもしれないけれど 「?」がついて回ります。

 

一言で言えば、

 

「奥さんには興味関心がないけれど子供には愛情を注ぐ」

 

どうですか?

 

究極の選択ですよね。

 

奥さんに関心があっても育児参加しない旦那さんと

育児参加はしてくれるけれど奥さんの育児の考え方には関心がないお父さん

 

イクメンなんですよ〜。

はたから見たら満点パパなんですけどね。

 

 

当然ですが、私はストレスだらけです。

フルタイムの共働きだったらまた違ったでしょうが

私は昨年まで育児に専念する専業主婦でした。

 

主人が育児に関わる頻度が多いあるいはこだわりが強いと

 

「母親だからここは私に選ばせて欲しい」、

 

というところでどうしても合わないんですね。

 

性格的に合わない部分と言えるのですが、

「ここは遠慮して」というところで嫌な顔をされると本当に困ります。

 

空気読んでください。

(うちのお父さんは読めません。)

 

具体的には例えばベビーカー選びや、上の娘の

幼稚園をどこにするかでケンカになりました。

 

日々の細かいことでも過保護にいちいち子供に構っているのを見ていると

 

 

「産んだの私なんだけど!」

 

「私に関心がないのになんで結婚したの?子供だけ欲しかったのかしら。

だったら自分に合う人もう一度探したらいいんじゃない?」

 

 

こんな言葉を主人に何度浴びせたでしょうか?

 

危機的状況にならないと、私の気持ちがわからないイクメンパパ。

 

 

子供と常に一緒にいなくていい。

 

本当に必要な時に育児参加して

男親の厳しさをもって子供に接してくれる。

どーんと構えていてくれる。

 

あとは奥さんと上手く関われる。

 

 

 

都合がいいと言われればそれまでですが、

現実と理想のギャップに日々格闘しております。

 

 

 

関連記事はこちらです。よかったら見てください。

 

wamichan.hateblo.jp

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。