読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフWの毎日徒然

人生半分を過ぎて過去現在の関心、興味の赴くままにコラム、たまに愚痴なども。

SNSと共に過ごした4年間を振り返る 前編

 

 

ご訪問ありがとうございます。

 

 

 

オリンピックの真っ最中。

毎日熱戦が繰り広げられているリオは世界で一番暑い夏を記録していることでしょう。

個人的にはテニスの錦織圭選手のメダル獲得に期待しています。

 

さて、今回のお題はSNS

 

40過ぎでスマホデビューしてからが同時に私のSNSの歴史になります。

娘が年少の頃にはクラスのお母さんの多くはスマホにしていました。

 

当時は、定期で購入していた通販の食品会社が携帯かPCからの注文しか受け付けていなかったのでそれはガラケーから注文していましたが

その他の通販は電話でした。

 

 スマホの何がそんなにいいのかわからなかったけれど関心があった。

 

楽しそう。

何ができるんだろう?

 

息子を授乳中で食費がバカにならない中、他の買い物には

いつも値段を見て断念していました。

 

だから、スマホにしたらモニターや懸賞をやりたかった。

 

当時はPCなしのiphone4s片手に毎日モニター懸賞などの応募に勤しんでいました。

 

ただ、全然当たらない。

最初はこんなものかと思いながらでした。

 

数ヶ月してからブログを運営しているとモニターとして採用されやすいと見聞きしてから始めたのがアメブロ

 

下の息子の授乳中で、食費を浮かしたり化粧品代が節約できればと

ブログでは育児生活や料理を毎日投稿していました。

 

右も左も分からない手探り状態でしたが写真を撮ってブログに載せるために

料理の盛り付けに気を使ったり、モニター商品などの写し方を自分なりに

研究したりと

 

もともと文章も書くのも好きだったのでそれにもはまりました。

 

上の娘が幼稚園で記事にすることにネタが切れることはなく

私自身、高齢出産育児を悔いのないようにしたいとも思っていて

ブログに記事にすることで頑張ろうと考えたんです。

 

その甲斐あって、化粧品や日用雑貨、調味料や食品など

たくさん当選するようになりブログも軌道に乗り、相互読者登録も増えていきました。

 

いつでもどこでもスマホを持ち歩き何かネタになることはないか

と写真を撮る。

 

振り返るとどこか滑稽です。

 

そんなに自分の生活を見せてどうしたいの苦笑?

懸賞ってそんなに大事なの?

 

まあ、楽しんでやっていたのでそれほど疑問も起きません。

 

でも一つだけ、生活格差は画像ではっきりわかります。

モニター商品を料理して写真にするときも寄りだけで引きの写真は撮れませんでした。

生活感がありすぎ、テーブルコーディネイトもそれほど素敵に出来ない。

 

自分をよく見せるために都合のいいところだけ切り取る感じがしてました。

 

 アメブロではいいねとコメントで交流ができるのですが

互いのブログを訪問、交流がある人も何人か出来て、育児の合間の気分転換としては

十分でした。

 

リアルが充実していたら、ブログも順調ですよね。

いろいろありながらも精神的には安定していました。

 

途中、PCも購入してインターネットでのお買い物にも慣れて

いきます。

 

でも、それが少しずつ変わっていったのは、当時同居していた義理家族、主人との関係が少しずつ見え始めてからです。

自分が思い描いていた理想とはかけ離れて義理家族も主人も私には興味関心がなかった。

 

 自分が出来ることを充実させていこうと毎日を送っていても

襲ってくる孤独感や虚しさは、

娘が年長の冬に一気やってきました。

 

ある程度なら主人や義理両親の性格上、仕方がないと思えて我慢がききましたが

そこに同居の主人の叔母との関係も加わり、

叔母は義理親と意見が合わない私を敵扱いするようになりました。

 

 当然ですが、育児生活などの記事投稿にも影響が出てきます。

 

それでも記事のジャンルを多少変えたりして

懸賞の方は順調でブログ審査があるサイトにも登録出来て

頑張っていました。

 

ツイッターのアカウントにブログ更新の記事を告知したり

pingの送信を増やしたりアクセス数が増えていけば

と思いながら相互読者登録も来るもの拒まずで。

 

アクセス数上昇はSNSの連携というのはすごいなあと実感しながら

ツイッターのフォロワー数も相互登録で増やしていきました。

 

ブログの記事自体には家族の愚痴なども時々載せていたのですが

できるだけセーブするように。

 

だって、それで現実解決しない問題ならやめたほうがいいかなと封印しました。

 

 

そんな感じでだましだましやっていましたが、

昨年の夏に義理家族との仲がいよいよ悪化で家族で別居、

 

そして今年、私にも更年期という人生の節目が訪れて

数年前の何かする時の楽しさがなくなってきました。

 

惰性?それでも継続?

つまらないならやめようかと感じていた矢先に

私のグーグルのアカウントに第3者のログイン事件。

 

気がつけばスマホにしてから約4年の月日が経過していました。

 

 

後編に続きます。